配偶者と子供で相続する場合の相続税

今回の記事では配偶者と子供3人で遺産総額5億円の相続する場合を例に、相続税について解説します。
相続税について考える際に最初に行うべきは、基礎控除額の計算です。
相続税の基礎控除は3000万円にプラス600万円×法定相続人数となりますので、今回の例だと法定相続人が4名で、3000万円プラス2400万円です。
つまり合計5400万円となりますよね。
まずはこの5400万円を遺産総額から控除します。

このとき注意したいのが、非課税の遺産です。
死亡保険や生命保険などは非課税となりますので、5億円の中にそういった非課税の財産が含まれていた場合、それらを先に除外してから計算する必要があります。
ただし500万円×法定相続人数という非課税限度額がありますので、今回の例だと非課税財産が2000万円を超えていなければ非課税、超えていれば課税となります。
今回は5000万円の非課税財産が含まれていた計算としましょう。
基礎控除と非課税分を計算したこの時点で、正味の課税遺産額は4億2600万円となりますよね。

しかし配偶者や子供には、まだやるべきことが残っています。
配偶者控除、未成年者控除、障害者控除、相次相続控除といった他の控除が適用できるかを考える必要があるのです。
未成年者控除、障害者控除については、該当者がいなければ当然利用できません。
相次相続控除も被相続人が生前10年以内に相続人となり相続税が課税されていた場合のみ適用されるものです。
今回の例で確実に適用可能となるのは、配偶者控除でしょう。

配偶者控除は1億6千万円、もしくは配偶者の法定相続分のどちらか高額な金額まで、配偶者の相続税が控除されるものです。
今回のように配偶者と子供で相続する場合は、配偶者の法定相続分は2分の1となります。
つまり2億1300万円ですので、そちらが適用されます。

今回の例で分かるように、配偶者は5億円という非常に巨額な相続であっても、法定相続分を超える遺産額を取得しない限りは非課税となるのです。
ただしこの配偶者控除は相続税の申告と同時に行わなければならないものですので、忘れないように注意しましょう。