配偶者と兄弟の相続と相続税

配偶者が亡くなって相続となった場合、法定相続人が必ずしも自分と子供となるとは限りませんよね。
子供がいない家庭であれば、被相続人の兄弟が法定相続人となるケースが多くなります。
事故などの特別な事情で亡くなった場合でなければ、被相続人の親は既に亡くなっていることが一般的です。
祖父母となればなおさらですよね。
故に被相続人の兄弟が法定相続人となるケースは珍しくないのです。

しかし兄弟が法定相続人となった場合、配偶者とどのように遺産分割し、相続税についてはどのような計算をすれば良いのでしょうか?
まず遺産分割ですが、これは法定相続に則り遺産分割するのか、遺産分割協議を行って自分たちで決めるのか、二つの選択肢があります。
配偶者と被相続人の兄弟で法定相続の通りに遺産分割すると、配偶者は遺産の4分の3を取得し、残りの4分の1を兄弟で分け合うこととなります。
兄弟が2名以上の場合は、4分の1をさらに均等に分割することとなるのです。

ただし、この法定相続というものは原則とされているものではなく、基本的には法定相続人同士の遺産分割協議によって遺産を分割します。
たとえば同じ兄弟でも、被相続人の介護に協力的だった兄弟と、非協力的だった兄弟がいた場合、その二人が同じ金額の相続となってしまっては不満が出て当然ですよね。
そういった部分を考慮して遺産分割協議を行い、どうしても全員の合意が得られなかった場合などに法定相続が適用されるケースが多いのです。

では配偶者と兄弟の相続の場合の相続税については、どのような計算となるのでしょうか?
これは結論から言って、とくに特別な計算を必要とするものではありません。
相続税の基礎控除を計算する際、法定相続人が配偶者だろうと実子だろうと兄弟だろうと、同じ1人としてカウントされます。
正味の遺産総額が基礎控除を超えなければ相続税は発生しませんし、仮に相続税が発生したとしても、配偶者は配偶者控除を利用できます。
兄弟も障害者や未成年者であれば、控除を利用することが可能となるのです。