相続税における申告と納付の期間はいつまで?

相続01

相続税の申告が必要になってしまった場合、手続きばかりに気が取られてしまいそうですが、相続税の申告や納付を行う際は期間が決められています。
そこで、申告期間と納付期間、延滞税などについても見ていきたいと思います。

・相続税の申告期間とは?
相続税の申告における期間は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から、10ヶ月以内に行わなければならないと決められています。
遠方に住んでいて亡くなったことを後で知らされた場合は、お葬式や分割協議を行う通知を受けた翌日からのカウントとなり、その日から10ヶ月以内に申告を行う必要があります。
相続税の申告については家族の誰かが行えばいいというわけではなく、相続人となる人が各自で手続きを行わなければなりません。

・相続税には納付の期間が決まっている!
相続税は申告だけでなく、納付による期間も決められています。
一般的には、相続税を一括で支払うと言われているのですが、正しくは申告期間と同じ被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に納付しなければなりません。
相続税については5年から7年で時効はあるものの、税務署ではある程度お金や不動産について把握しているため相続税の納付から逃れることは出来ません。
なので、期間を過ぎるまでに相続税の納付を行いましょう。

・申告期間までに納付が出来ない場合は?
申告期間までに相続税の申告と納付が出来ない場合は、延滞税が課せられてしまうので注意が必要です。
この場合は申告期間の延長を行ったり、納付期間の延納をしてもう手続きを行いましょう。
手続きを行い申請が認められれば、申告期間や納付期間を延長してもらえ延滞税がかかることもなくなると思います。

このように相続税には民法上で決められている期間によって、相続税の申告や納付を行わなければなりません。
相続税の申告による手続きが面倒、相続税を納付したくないからと言って悪質な改ざんを行うと、ペナルティとして懲役刑が課せられてしまう可能性もあります。
面倒な手続きではありますが、正しい書類を提出し相続税の納付を行った方が賢明であると考えられます。
相続税の申告や納付は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内と期間が決められているため、必ずこの期間内に相続税の申告と納付を行うようにしましょう。
期間までに間に合わないという場合は、適切な方法によって延長・延納をしてもらえるように働きかけましょう。